薬剤師の給料・年収

HOME > 薬剤師の給料・年収

薬剤師の年収・給与はいくらくらい?

収入の画像

薬剤師として働いていくうえで大事なポイントのひとつは、やはり給料・年収についてです。

今現在の給与水準が納得できないという方は積極的に転職を考えるべきでしょう。そのためには薬剤師の年収がいくらくらいなのかまずしっかりと把握しておく必要があります。

また薬剤師の仕事の場は病院や、調剤薬局、ドラッグストアそして製薬会社など幅広く、さらにそれぞれでも中小や大規模なところなど違いが多いために一概に年収を言うことはできません。ドラッグストアの場合チェーンによって差が開くこともあります。

厚生労働省の調査によると平成20年の薬剤師の平均年収は504.8万円となっています。平均年齢が36歳で平均勤続年数が5.9年であり、また薬剤師は女性の方の割合も多い仕事であることを考えると年収は高い職業と言えるでしょう。

平均月収は35.7万円、年間賞与が76.7万円となっています。

女性の方が6割以上を占める薬剤師の仕事ですが男女別の年収データをみると、男性の平均年収が563万円、女性の平均年収が473万円ですから開きがあることがわかります。

これらはドラッグストアなどの場合、店長クラスに昇格すると年収700万円を超えることもあるためでしょう。しかし男女とも高い専門性を持つ仕事ですから安定した収入が得られることは間違いありません。

あなたの現在の給料や年収と比較してみて不満がある場合には転職支援サービスを積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

薬剤師転職が成功する支援サイトランキング!