薬剤師転職の面接対策とは

HOME > 薬剤師転職の面接対策

薬剤師の転職の際の面接の対策は?

面接の画像

◆ 退社理由
面接で必ず聞かれるのが退社理由。どうして今の職場じゃいけないのかって事ですね。この返答は採用に大きく関わるので要注意!間違っても「給料が安いから」「職場の雰囲気が悪いから」などマイナスの事は言わない様にして下さい。相手も現在の職場に不満があるというのは百も承知です。なので、無難な答えが一番良いですね。

◆ 志望動機
どうしてその会社で働きたいと思ったのかという事です。「給料が良い」「高級そうだったから」という返答はNG。その会社の運営方針などを事前に調べておき、あなたが共感した本当の理由を素直に述べましょう。面接官は面接のプロなのでウソを簡単に見抜きます。なので、表面ばかりの答えではなくあなたの本心を熱く語るのが良いでしょう。

◆ 薬剤師への思い
あなたは薬剤師という仕事をどう捉えているのかという事。ここには薬剤師の仕事に対するやりがいや責任などが当てはまりますね。既に実務を経験しているのであれば、経験前の考えと経験後の考え、今までの仕事で学んだことや、嬉しかった事、難しかったことなどを伝える様にしましょう。また、過去に失敗があれば、その事についても触れて、その失敗から何を学び、失敗しない為にどんな試みをしたのかも話すと良いと思います。

◆ もし採用されたら?
「もし採用されたらどんな事をしたいですか?」という定番の質問。これも素直に薬剤師としてどんな事をしたいか、職場を良くするために何が出来るのかを答える様にしましょう。ありきたりな答えだと他の人に差をつける事が出来ないので「あなただから出来ること」をシッカリ述べるのが良いと思います。

◆ 社内見学
職場によっては面接前の社内見学を出来るところがあります。社内見学OKの求人であれば必ず見学しておきましょう。設備や環境などを実際に目で見る事で面接時に内容のある受け応えが可能になります。

薬剤師転職が成功する支援サイトランキング!