薬剤師転職の履歴書の書き方

HOME > 薬剤師転職の履歴書

薬剤師の転職の際の履歴書のポイントは?

経歴の画像

◆ 丁寧に書く
履歴書は人に見てもらうものなので、丁寧に書くようにして下さい。何社も面接を受けていると履歴書を書くのが面倒になってついつい乱暴に書いてしまいますが、相手は字も見ています。ここで大切なのは綺麗な字ではなく丁寧な字です。

人によって字の上手下手があるので、上手に書けとは言いません。もちろん、字が上手にこしたことはありませんが、字が下手な人は丁寧に書くようにして下さい。

◆ 後ろ向きな事は書かない
転職理由は人それぞれだと思います。やりがいのある職場に行きたい、もっと自分を必要としてくれる職場へなど前向きな理由もあると思いますが、給料が安い、人間関係が悪いなどのマイナス的な理由もあるでしょう。

こういったマイナス要素の事は履歴書に書かない様にして下さい。特に履歴書を先に郵送する様な面接では絶対にNG。履歴書持参であればまだ口頭で弁解が可能ですが、郵送だとそれだけで蹴られる可能性が高いと言えます。

◆ 曖昧な表現は避ける
文章で人に伝えると言うのはとっても難しいです。なので、具体的に書かないと相手に伝わり切りません。なかなか採用されない方の履歴書を見ると、曖昧な表現が目立ちます。対面の面接であれば、面接官が質問をしてきてくれるので、言葉で返す事が出来ますが、履歴書ではそれを行う事が出来ません。全体を通して、曖昧な表現がないかをチェックしてこと細かに書きましょう。

◆ 持っている資格は全部書く
薬剤師に関係のない資格だったとしても、持っている資格は全部書くようにしましょう。採用側からすれば、同じ人を雇うのであれば何か役に立つ資格を持っている人の方が良いわけです。会社の事情などもあるので、自分が役に立たないと思っている資格でも相手が求めている事もあるので、必ず全部の資格を書くようにして下さい。

薬剤師転職が成功する支援サイトランキング!